証券アナリスト資格取得と将来性

koza-main-syoukenanarisuto

初めて証券アナリストを目指す方対象の1次試験合格を目指すパックです。
[amazonjs asin=”4813282210″ locale=”JP” title=”証券アナリスト 1次試験過去問題集 証券分析 2018年試験対策 (平成27年度(春)~平成29年度(春)本試験)”] [amazonjs asin=”4813282229″ locale=”JP” title=”証券アナリスト 1次試験過去問題集 財務分析 2018年試験対策 (平成27年度(春)~平成29年度(春)本試験)”]

証券アナリストの活躍の場

証券アナリストの活躍の場としては、証券業界・金融業界だけでなく企業の財務やIR、情報公開部門で実力を発揮したい方が向いています。公益社団法人日本証券アナリスト協会のサイトなどを読むと非常に難しい内容が書かれています。

仕事内容を簡単に言うと、証券投資の分野で高度な知識や技術を駆使して投資価値判断や助言をしたり、証券そのものを管理するサービスを行う専門家になります。証券アナリストとは言ってもその表す内容は人によって違い、かなり大きな括りでの表現となっています。

例えば現在上昇している日経平均におきましても円安が絡んで日本円ベースでは上昇していますが、ドルベースでは大して変わっていないのが実情です。

そういった国際間に渡る通貨も絡んだ判断基準をしっかりと身に付ける必要があります。証券業界も既に日本国内での株式だけにとらわれている時代ではありません。tore-do

世界各国の様々な経済活動が連動して為替相場などを考慮しながらあらゆる証券債券の管理や分析を行うスペシャリストとなります。そうなれば勉強量や知識が必要となってくるのは言うまでもありません。

投資を決定するためには様々なデータの分析評価を行わなければなりません。そのうちの一つがマクロ経済分析と言われるものです。

マクロ経済分析から産業・企業・金融市場・証券市場など様々なものを分析し、その後、投資方針を決定しています。投資方針が決定すればポートフォリオ構築というフレーズに入っていきます。

ポートフォリオの構築は様々な投資家がいる中で、それぞれの投資家ごとに投資に対するリターンやリスクの説明、または分析提案・構築などいろいろな仕事が待っています。

もちろん成果を上げてこその「証券アナリスト」であるため、成果運用の厳密な測定や評価や時代の要請に合った組み方をすることは必要不可欠ですね。

証券アナリスト資格の評価

証券アナリスト資格は取得に時間が掛かる資格です。

資格難易度も高く、受験期間が平均4~6年の長期にも渡るため、途中で取得すること自体をあきらめてしまう方も多いようです。

1次試験には経済、財務分析、証券分析があり内容的にも深い理解力が問われます。突っ込んだレベルの学習をしておくことが求められます。

また、この資格自体が、証券業界において必須の資格ということでもありませんが、知識や実力の証明になりますので、証券業界で仕事をしていく上においては有利な資格となります。

証券アナリストは、特定の株式が投資に値するかどうかを判断するための分析を行ないます。証券においては売却時期、購入時期は非常に判断の難しいところです。kabujousyou

それを色々な分析手法を用いて判断することが出来る能力が必要です。証券会社でファンドマネージャーやアナリストを目指す方にとっては必須ともいえる資格でしょう。

同じように証券業界における資格として、証券外務員二種の資格があるのですが、こちらは、証券アナリスト資格とは違いやさしい試験になっています。

証券業界を目指す方であればすぐにでも取得しておくことが望ましいでしょう。
[amazonjs asin=”4532409039″ locale=”JP” title=”うかる! 証券外務員二種 最速テキスト 2016-2017年版”] [amazonjs asin=”4813282091″ locale=”JP” title=”証券アナリスト 1次対策総まとめテキスト 経済 2017年試験対策”] 証券外務員2種は、通信講座を開講している会社の案内などを見ても、数日で取得できてしまえる内容となっています。

証券会社への転職や就職時の面接などでのアピール材料程度にしかならないと思われます。

もちろん、証券会社で営業を行うためには必須の資格になります。

また、証券外務員一種資格をもっていないと、事実上信用取引を行うことができません。

よって、この資格を取得するのであれば一種まで取得しておくことが望ましいでしょう。

また、証券会社の営業では、ファイナンシャルプランナーの資格取得を義務付けている会社もあるほどです。

金融に関する幅広い知識が必要になる職種なので、大変といえば大変です。

話を戻しますと、証券アナリストは難易度の高い試験ではありますが、ある銘柄に特有なリスクの抽出したり、最適なポートフォリオ組み、リスクとリターンの定量化分析など証券関連で能力を発揮していくためには必ずといっていい知識を体系立てて学習することが出来ますので、取得する価値のある資格になります。

まずは証券外務員2種を目標にし、その後証券アナリストの資格取得を目指すのが自然な形になります。

初めて証券アナリストを目指す方対象の1次試験合格を目指すパックです。