ラッピングコーディネーター

ラッピングコーディネーター資格は、実は合格率100%の試験です。

ラッピングってどのような場面でよく目にするかは、このページをお読みのあなたは十分ご存知だと思います。
[amazonjs asin=”4763130153″ locale=”JP” title=”ラッピングコーディネーターをめざそう! (使える!資格ガイド)”]

そうです、百貨店の店員さんがギフト用の商品を包んでくれる時、フラワーショップでお花を購入した時に店員さんが手際よく花を包んでくれる時などです。purezentotutumi

自分もあれだけのラッピングがすぐにできたらな~と思う女性の方は多いはずです。

実はラッピングコーディネーターという資格はラッピングの知識や技術を基礎から身につけることの出来る資格なのです。

前述した通り、合格率は100%で、2日間の講座形式で資格取得の講座は開催されます。

下記に詳細な受験資格を記述しておりますが、まだ受講者数が数千人程度と非常に少なく、狙い目の資格です。

取得しているだけで包装に関係のある業界では一目置かれますし、ある程度の包装のクオリティを身に着けているという証明になりますので、履歴書にも書け、関連業界では就職にも若干有利です。

ただ、就職用の履歴書目当てと言うよりは、趣味でとか、ラッピングが好きだからという受講生の方が多いようです。

ここでは、一番初心者向けの講座である、「ギフトラッピング・コーディネーター集中認定クラス 2日間」の講座をご紹介致します。

受講費用は、58,000円(材料費・講習料・テキスト代・認定料・認定証を含む)になります。

贈り物全般をきれいに正確に包むことができるように2日間掛けてラッピング技術をマスターするクラスで、このクラスでラッピングコーディネーターの資格取得ができます。

ラッピングの基礎となる合わせ包み、斜め包み、ふろしき包みとリボン結びの基本を勉強します。

この資格認定を受けると、一般的なラッピングにはほぼ全て対応できるようになります。