英語の絵本の紹介(Little Bear)

eigosennseikoramu

英語の絵本の紹介(Little Bear)

Little Bear CD Audio Collection: Little Bear, Father Bear Comes Home, Little Bear's Friend, Little Bear's Visit, A Kiss for Little Bear


もう一つ紹介しておきたい絵本があります。

紹介したい絵本を挙げるときりはないのですが、この「Little Bear」もとても可愛らしくて、落ちのある絵本です。

落ちは理解できるととてもすっきりします。

また頭もちょっと良くなるのだと思います。

簡単で落ちのちょっとある可愛らしい絵本が私は好きです。

こちらもシリーズ化されていて、可愛いくまちゃんの日々が描かれています。

1957年に最初に出版された本ですので、古いですね。

古いということは有名な本でもあります。

たくさんの英語圏の国の人たちが知っている本を選んで読むというのは、とても価値のあることです。

どこで話題に上るかもしれませんし、テスト問題に出されることもあるかもしれません。

知っておいて損のないものを選んで読んでいきましょう。

いいサイトが見つかりませんでしたが、本の表紙はこちらで確認できます。
http://kidsbks.co.jp/?pid=13041234

難しい単語はありません。簡単でわかりやすく、柔らかな暖かい雰囲気のある絵本です。

5つのシリーズ本が出ているようです。
[amazonjs asin=”B001J9H4XC” locale=”JP” title=”Little Bear With CD”]
Little Bear
Little Bear’s Friend
Little Bear’s Visit
A Kiss for Little Bear
Father Bear Comes Home

一つの本に4つぐらいの短編が書かれています。

どれか一つの短編を選んで、覚えてしまうほどとことん読むというのをおすすめします。

発音、イントネーション、声の強弱をつけて丁寧に読むこと。

慣れてきたら早く読むことも訓練していきましょう。

たくさんのお話を読んでいくことも練習になりますが、一つを何日もかけてじっくり声に出して読む練習をすることは、話す自信にもつながります。

簡単で同じフレーズが続くような絵本を選んでチャレンジしてみましょう。

(前の記事)英語の絵本の紹介(Frog and Toad)
(次の記事)ジェスチャーは言葉です